主婦 借入 在籍確認

1. 旦那の職場に在籍確認をされることはないの?

銀行カードローンは専業主婦にとって強い味方となってくれる存在です。
消費者金融を利用するためには、原則安定した収入が得られていることが条件となっているため、仕事をしていない専業主婦では利用することが出来ません。
しかし、総量規制の対象外である銀行なら、専業主婦でも利用することができ、家計がピンチの時には頼れる金融機関となっています。
しかし、銀行カードローンを専業主婦が利用する場合には、配偶者に安定した収入があることが条件とされ、旦那の職場に在籍確認をされるのではないかと心配な人も多いのではないでしょうか。
心配になる在籍確認ですが、銀行でも基本的にこの確認なしで利用することが出来ます。

 

専業主婦 カードローン 在籍確認

 

1-1. なぜ、夫の職場への電話確認なしでいいの?

配偶者に安定した収入があることが条件となるのなら、その確認のために在籍確認をするのは当然とも考えられます。
内緒でお金を借りたい専業主婦にとっては願ってもないことなのですが、なぜ在籍確認もせずに融資が出来るのでしょうか。
その理由としてはいくつか考えられます。
カードローンの利用は申込者本人との契約、専業主婦であることで夫に安定した収入があることがわかる、金融機関も専業主婦が夫に知られたくないということを知っているなどが挙げられます。
在籍確認がないことで、夫に知られたくない専業主婦も安心して利用出来るのではないでしょうか。

 

1-2. 申込んだ本人との契約!夫の在籍確認は関係ない

銀行カードローンを専業主婦が利用する場合には、配偶者に安定した収入があることが条件となっていますが、このカードローンの契約をするのは申込者本人です。
そのため、配偶者に安定した収入があることが条件となっていても、審査対象は専業主婦である、申し込み者本人だけが審査されるという点が、在籍確認がない理由の一つとなっています。
銀行カードローンの中には、専業主婦の利用であっても本人確認書類だけというところもあります。
このようなところでは、明らかに申込者本人だけの審査によってカードローンが利用できることがわかり、専業主婦でも利用しやすい銀行です。

 

1-3. 夫に安定収入があるということがわかっている

在籍確認がない理由として、専業主婦が申し込んでいるという点も重要なポイントとなっています。
専業主婦という時点で、夫に安定した収入があることは銀行も知ることが出来ます。
当たり前のことですが、夫にある程度の収入がなければ、専業主婦として生活をすることが出来ません。
そのことは銀行もわかっているため、在籍確認をすることなく融資を受けられるということです。
金融会社としても、安定した収入があり、確実に返済が出来るのならカードローンを利用してほしいと考えています。
専業主婦であることで、夫に安定した収入があることがわかり、少額なら融資しやすいと考えられます。

 

1-4. 在籍確認すると、夫婦仲が悪くなる

多くの人がキャッシングと聞くとどうしても悪いイメージを持っています。
そのため、金融会社から職場に在籍確認をされることは、多くの人が避けたいと考えています。
この在籍確認によって職場の人にお金に困っていることが知られてしまうと、働きにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。
また、専業主婦が利用する場合には、夫に内緒にする人がほとんどです。
夫の了解を得られるのなら、夫名義で借入をした方が審査には通りやすいと考えられ、あえて専業主婦が申し込んでいる時点で金融機関も内緒にしたいことはわかっています。
ここで在籍確認をして、妻が夫に内緒で申し込みをしていることがバレてしまえば夫婦仲が悪くなることもあるため、この在籍確認を控えている金融機関もあると考えられます。

2. 電話連絡が来るのは、自分の携帯だけ

夫への勤務先に在籍確認がないからといって、金融会社からの電話連絡がないというわけではありません。
カードローン会社からは本人確認のための連絡があります。
この電話連絡は、申し込みの際に携帯番号を記入しておけば、その携帯番号に連絡が入ります。
そのため、自宅には連絡されたくないという人は、必ず携帯番号を記入することが必要です。
昼間はいつも自分一人という人は自宅だけの連絡先でもいいかもしれませんが、夫や自分の親と同居していて、家族には知られたくないという人の場合には、自宅の連絡先を記入していたとしても、携帯の方を優先して連絡を入れてくれ、自宅に連絡が入ることはありません。

 

2-1. 自分の携帯への電話確認で聞かれる内容

携帯への連絡は審査の一環として連絡をしてくることから、何を聞かれるのかと心配になる人も多くいます。
この連絡によって、審査に通らないこともあるのではないかと不安になってしまいます。
しかし、この自分の携帯への電話確認では、とくに難しいことを聞かれるということはありません。
この電話で聞かれる内容としては、主に申込書に記入された情報の事実確認です。
申込書に記入された内容に間違いがないのかの確認なので、気軽に対応することが出来ます。
また、金融会社から疑問があればこの時に聞かれることになりますが、とくに心配する必要もなく、正確な情報を伝えることが大切です。

3. 自宅への確認電話はかかってこないの?

申込書に自宅の番号を記入してしまうと、確認のために自宅に連絡があるのではないかと心配になってしまいます。
そのため、申込書に携帯番号だけを記入して自宅の番号は記入しないという人もいますが、自宅の番号は記入しておいた方が審査には有利です。
金融会社からすれば、何かあれば確実に連絡が取れる固定電話があるかは重要なポイントとなります。
しかし、どうしても自宅に連絡されては困るという人は不安になりますが、携帯番号を記入して、その携帯への連絡に確実に対応しているのなら、自宅への連絡はありません。
金融会社からの携帯への連絡は確実に対応することが大切です。

 

3-1. 主婦本人の信用度がかなり低い場合は希にかかってくる

基本的に、携帯番号さえ記入しておけば自宅に連絡が入ることはないのですが、これは誰でも同じ対応というわけではありません。
金融会社が固定電話の確認をする必要があると思われてしまう人の場合には、自宅に連絡が入ることもあります。
確認の必要があると思われてしまう人は、信用度がかなり低い場合です。
この信用度というのは、主に信用情報が悪い人が挙げられます。
過去に、カードローンやクレジットカードの利用で、延滞などをしたことがあったり、債務整理などの経験があるという人の場合には、信用度がかなり低いので、固定電話の確認もされることがあります。

4. 返済が遅れると自宅の電話にもかかって来る

金融会社から電話があるのは、申し込みの時だけではありません。
カードローンやキャッシングを利用していて、返済が遅れると自宅に電話がかかってくるケースもあります。
通常なら、まず携帯に連絡があるのですが、返済が遅れた時点で信用も低下しているとも考えられ、固定電話の確認のためにも自宅に連絡を入れてくるとも考えられます。
そのため、カードローンを利用する時には確実に返済をしていくことが大切です。
確実な返済を続けていれば、利用しているカードローン会社から連絡が自宅に入ることはまずないと考えられることから、自分のミスで家族にばれないようにしましょう。

 

4-1. 返済が遅れ携帯電話にも出ない場合

返済が遅れるとまず申込書に記入した連絡先である携帯に連絡があります。
この連絡では、返済が遅れているという事実を伝えることと、いつ返済をしてくれるのかという確認をされます。
この連絡にすぐに応じなければ、自宅に連絡が入ることになります。
家の中では、携帯を常に持っているという人は少なく、掃除などをしているときに携帯に連絡が入ることもあります。
掃除機などを使っているときには、携帯の着信音が聞こえないこともあります。
このようなことがないように、返済は確実にする必要がありますし、返済が遅れたという場合には、自分から金融会社に連絡を入れておくことで、その後金融会社からの連絡を避けることも出来ます。