カードローン 夫 年収

1. 総量規制対象外により借入先は銀行系に制限される

専業主婦がカードローンを利用する場合には、基本的に銀行を選ぶ必要があります。
その理由が総量規制対象外という点が挙げられます。
キャッシングやカードローンと聞くと、まず思い浮かべるのが消費者金融という人は多いのではないでしょうか。
しかし、消費者金融は総量規制の対象となっているために、専業主婦では利用しにくい金融機関となっています。
銀行系では、総量規制対象外ということもあり、専業主婦でも利用しやすくなっていて、面倒な手続きも必要なく申し込みをすることが出来ます。
専業主婦が金融機関を利用する時には、まず銀行から申し込みをすることをおすすめします。

 

1-1. 総量規制の対象となるのは消費者金融

消費者金融は少額のお金を借りるには最適な金融機関となっているのですが、消費者金融のような貸金業者には総量規制があるために、専業主婦では利用しにくい金融機関となっています。
総量規制が対象である消費者金融では、原則として収入のない人には融資はしていません。
そのため、消費者金融を利用するためには、少しでも仕事をして収入を得ることが条件となります。
しかし、総量規制の対象である貸金業者だからといって専業主婦が絶対に利用できないというわけではありません。
この総量規制には例外も設けられ、配偶者に安定した収入があり、配偶者の同意が得られるのなら専業主婦でも利用できることになっています。

 

カードローン 収入

 

1-2. 大手の消費者金融はすべて不可能

収入のない専業主婦でも、総量規制の例外である配偶者貸付を利用すればお金を借りることができることから、消費者金融でも問題ないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、この配偶者貸付は大手の消費者金融では利用できないという現実があります。
法律的には利用できるということになっていても、大手消費者金融のように、この配偶者貸付は採用していないところでは、専業主婦はお金を借りられないことになります。
中小消費者金融では配偶者貸付を利用できるところもあるのですが、中小の消費者金融はあまり名前を聞いたことがなく不安という人も多く、消費者金融では専業主婦は利用できないのが現状です。

 

1-3. 信販系の消費者金融ならいいが、審査が厳しい&遅い

総量規制の対象となっている貸金業者でもクレジットカード系の信販会社では配偶者貸付を採用しているところもあります。
例えばセディナです。
セディナは三井住友フィナンシャルグループということもあり、安心して利用することが出来る金融機関です。
ここなら、専業主婦でも総量規制の例外となっている配偶者貸付を利用してお金を借りることも可能です。
しかし、信販会社のデメリットが、融資が受けられるまでの時間です。
消費者金融や銀行なら、即日融資をしているところも多くあるのですが、信販会社では審査が厳しいという点や審査スピードが遅く、まず即日融資は不可能と考えておく必要があります。

 

1-4. 専業主婦は銀行系のカードローンを選ぶしかない

専業主婦がカードローンの利用を考えた時には、すぐにもお金が必要という時がほとんどではないでしょうか。
そんな時に、配偶者貸付が利用できる信販会社に申し込んだとしても、時間がかかれば何週間も必要となってしまい、すぐにお金を用立てることが出来ません。
また、貸金業者で配偶者貸付を利用する場合には、配偶者との婚姻関係を示す書類や配偶者の同意書、配偶者の収入証明書が必要となり、用意する書類も多くなります。
銀行なら本人確認書類だけで申し込みを済ませることできる銀行もあり、即日融資も可能となっています。
これらの点を考えても、専業主婦は銀行系カードローンを選ぶしかないと考えられます。

2. 働いていない専業主婦だとNGなの!?

多くの金融機関が安定した収入があることが条件となっていて、働いていない専業主婦では利用できないのかとショックを受けている人も多いのではないでしょうか。
この安定した収入があることが条件になるのは、お金を借りるうえでは当然の条件となるのですが、働いていない専業主婦でも利用できる金融機関は意外に多くあります。
ただし、その条件として配偶者に安定した収入がある必要があります。
この条件さえ満たしていれば、働いていない専業主婦でもカードローンを利用することが出来ます。
まずは、専業主婦でも利用できる金融機関を探すことが必要です。

 

2-1. 審査を行う際には配偶者の同意書が必要

配偶者に安定した収入があることが条件となっているため、審査を受ける時にはどこの金融機関でも配偶者の同意書が必要になるのではないかと思う人も多いのではないでしょうか。
貸金業者で配偶者貸付を利用する場合には配偶者の同意書が必要になります。
そのため、配偶者に内緒でカードローンを利用することは出来ないことになります。
しかし、銀行では配偶者の同意書がなくても申し込みをすることは可能です。
専業主婦が利用できる銀行の中には、本人確認書類だけで申し込みができるところもあり、夫に内緒でカードローンを利用することが出来ます。

3. 「配偶者の同意書なし」で借りられる銀行カードローンは?

専業主婦でも利用できる銀行では、いくつかの書類を用意する必要があります。
本人確認書類だけでもいいという銀行もあるのですが、通常は住民票や配偶者の同意書、本人確認書類などの書類を提出する必要があります。
住民票が必要になる理由は、住民票を確認することで配偶者との婚姻関係が確認できるためです。
配偶者に安定した収入があることでお金を借りるのだから、この住民票と配偶者の同意書を提出するのは当然とも考えられます。
しかし、夫の同意が得られるくらいなら、夫にカードローンを申し込んでもらうという人もいるでしょう。
銀行に中には同意書の提出が不要といったところもあります。

 

3-1. 同意書の提出が不要な銀行カードローン一覧

最近では専業主婦でも利用できる銀行は多くなってきていることもあり、近くにある地方銀行でも利用できるといった人も多いのではないでしょうか。
配偶者の同意書なしで借りられる銀行としては、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、みずほ銀行、イオン銀行などが多くの人に知られている銀行です。
これらの銀行が提供しているカードローンなら配偶者の同意書なしでカードローンを利用することが出来ます。
このような銀行を利用することにより、夫の同意書が必要ないので、家族にも内緒でカードローンを利用することが出来ます。
ただ、夫に内緒にするためには確実な返済は重要で、無理な借り入れは避けることが大切です。

4. 「住民票」すらなしで借りられる銀行カードローン

すぐにお金が必要という時には、住民票を役所まで取りに行くのが面倒と感じる人もいるのではないでしょうか。
この住民票がなくてもカードローンを利用できる銀行もあります。
このような銀行を利用すれば、今手元にある運転免許証や健康保険証だけで申し込みをすることが出来ます。
申し込みをするときには、必要になる書類が少ないほうが、申込時の不備がなく安心して申し込むことが出来ます。
必要になる書類が多いところでは、必要な書類が一つでも欠けていれば審査がストップしてしまいます。
そのことにより、融資までの時間も延びることになるので、必要書類が少ない銀行を選ぶことも、すぐにお金を手にするコツです。

 

4-1. さらに審査を楽にしたい場合は、楽天銀行・横浜銀行で

住民票が必要のない銀行としては、楽天銀行や横浜銀行があります。
これらの銀行なら、住民票がなくても申し込みが可能です。
特に楽天銀行は専業主婦が利用できる銀行として人気があります。
この銀行が人気がある理由としては、専業主婦が利用できるというところをしっかりとアピールをしているという点です。
専業主婦が利用できる銀行でも、専業主婦が利用できるということを小さな文字で表示され確認が難しいという銀行もありますし、中には利用できても明記していない銀行もあります。
このようなところでは、あまり専業主婦を歓迎していないと考えられ、審査も厳しい可能性もあり、楽天銀行のような専業主婦でも利用できることをはっきりと明記している銀行を選ぶことをおすすめします。