カードローン 返済

1. 返済方法は方式によって大きく左右される

毎月の返済では出来るだけお得に、しかも楽に返済をしたいものです。
少しでも支払う利息は少なく、毎月の返済額も少ないほうがいいという人も多いのではないでしょうか。
この点を確認するためには、返済方式に注目する必要があります。
返済方式によってこの点も大きく左右されることになります。
返済方法では、毎月の利息分が徐々に少なくなる返済方法もありますし、毎月の返済額が少なくても、完済してみると多くの利息を支払っていたということもあります。
しっかりと返済方式の特徴を確認して、自分にとって一番合っている返済方式の金融機関を選ぶことも大切です。

 

1-1. 元金均等方式

住宅ローンなど長期の返済でよく利用されているのが分割払いです。
この分割払いにも、いくつかの返済方式があり、その一つが元金均等方式です。
この方式では、元金を返済回数によって均等に分割して支払っていく方法で、利息は元金残高によって計算され、均等分割した元金に利息を加えて支払っていくことになります。
この元金均等方式での利息計算は残高によって決められるということもあり、残高の多い初めは利息が多くなり、残高が減るにつれて毎月支払う利息も徐々に減っていきます。
そのため、金額の大きい住宅ローンなどでは初めの頃の利息が分が大きくなってしまい返済が大変で、少額の融資に向いている返済方法と言えます。

 

1-2. 元利均等方式

元利均等返済は最もよく利用されている返済方式とも言われ、毎月の返済額が一定になるのが特徴です。
例えば、10万円借りて10回払いで返済するといったケースでは、元金均等返済では、1万円に利息を加えた金額が毎月の返済額となります。
元利均等方式では、毎月支払う元金と利息の合計が均等になるように計算されます。
そのため、毎月の返済額がわかりやすくなります。
元金均等返済では、利息分が加えられるため、毎月の返済額が一定ではなく、毎月返済額を確認する必要がありますが、元利均等返済ではその必要もありません。
ただ、最終の返済では端数が発生するため、返済額が変わることがあります。

 

1-3. リボルビング方式

カードローンでよく利用されている返済方式がリボルビング方式です。
多くのカードローンが残高スライドリボルビング方式を採用しています。
この返済方式では、借入残高によって毎月の返済額も決まることになります。
例えば、10万円を借りた時には毎月の返済額は3,000円で、その後さらに10万円を借りた場合には、毎月の返済額が6,000円になるといった具合に変わります。
毎月の返済額は一定なのですが、借入残高が変われば、それに伴って返済額も変わってくるのがこの返済方式の特徴です。
初めに20万円を借りて返済額が6,000円の場合でも、返済を続けて、借入残高が10万円以下になれば返済額が3,000円なるといったように、返済額がわかりやすく返済が楽なのがこの方式のメリットです。

2. カードローンの返済額は約定返済金額

分割払いでは、返済回数によって借入金を均等分割して返済するという方法でしたが、カードローンの場合には約定返済金額が決められ、毎月のその決められた金額を支払っていくことになります。
約定返済金額というのは各金融機関によって決められ、毎月この金額を支払ってくださいと決められているものです。
この約定返済金額は借入残高によって決められています。
10万円までなら2,000円、50万円までなら5,000円といった具合に決められていて、この約定返済金額は各金融機関によって差があります。
例えば、10万円の借入残高の場合、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなら約定返済金額は2,000円となっているのですが、三井住友銀行カードローンでは10,000円となっています。

 

2-1. 元金を多く返済するには

専業主婦にとって、毎月の返済額が少なければ、それだけ利用しやすいカードローンと言えるのではないでしょうか。
毎月の家計のやりくりがぎりぎりという人の場合には、この返済額が少なければ、とても助かる存在です。
しかし、返済額が少ないということは、完済するまでには多くの時間が必要ということです。
また、利息が高いところでお金を借りれば、返済額に占める利息分が増えてしまい、それだけ返済が進まないというデメリットがあることも知っておく必要があります。
毎月の返済額が同じでも、利息に違いがあれば、利息が高い金融機関ほど返済が長引いてしまうということです。

 

2-2. 臨時返済の注意点

少しでも早く借入残高を減らすことで、毎月支払う利息も減らすことが出来ます。
この借入残高を減らすためには、毎月の返済だけでなく、臨時返済をすることをおすすめします。
余裕があるときに、少しでも臨時返済をすることで、支払う利息も減らせますし、完済までの期間も短くすることが出来ます。
ただ、この臨時返済をしたからといって、毎月の返済が免除されるというわけではありません。
毎月の返済をATMでしている人なら、タイミングによっては毎月の返済と認められることもありますが、自動引き落としの場合には、臨時返済をしても、毎月の自動引き落としは行われます。

3. 申込み前に利用したい「返済シュミレーション」

カードローンを利用する時には、確実な返済が重要になります。
この確実な返済を続けていくためには、毎月どのくらいの返済をすることになるのか、完済した時にはどの程度の利息を支払うことになるのか、今の家計ならどのくらいまでの返済が出来て、どの程度までなら借り入れが可能なのかなど、色々シミュレーションをしてみることが大切です。
このシミュレーションを誰でも出来るように、いくつかの金融機関ではサイトで返済シミュレーションが出来るようになっています。
この返済シミュレーションは、その銀行を利用していなくても利用できることから、まずはこの返済シミュレーションを利用して、計画的な借り入れに役立ててみてはいかがでしょうか。

4. 返済計画の作成

お金を借りる時には、今どのくらい家計に余裕があるのかをしっかりと把握することも大切です。
急な出費によりお金が必要だからといって、返済をする余裕もないのならカードローンを利用してはいけません。
お金を借りたのなら、毎月の返済は確実にする必要があります。
返済をする余裕がないという時には、頭を下げてでも親や親せきなどを頼る必要があります。
返済する余裕がある場合でも、その余裕部分をしっかりと把握しておくことは大切です。
返済するようになってから、返済が思っていたよりも大変と感じるようになると、どうしても返済が滞ってしまうこともあります。

 

4-1. 収入・支出・返済額を把握する

まずは、今の収入と必ず支払う必要のある支出を求める必要があります。
収入から支出を引けば、返済に充てることが出来る金額を求めることが出来ます。
ただ、この返済に充てられるお金をすべてカードローンの返済に回していたのでは、余裕が全くなく、何か別のことで出費が増えればすぐに返済できないような状態となります。
確実な返済を続けるためには、無理のない返済計画を立てることが重要です。
お金を借りれば一時的には窮地をしのぐことが出来ますが、毎月の返済が発生し、家計を圧迫させる原因となります。
カードローンを利用する時には、家計の状況や返済額を把握して、必要最低限での借り入れが重要になります。

5. 生活費を見直す必要性もある

お金を借りる余裕はないけど、どうしてもカードローンを利用しなければいけない状態もあります。
頼れる親や親せき、友人がいなくて、夫にも頼れないという時には自分で何とかしなければいけません。
しかし、お金を借りる余裕がないという時にカードローンを利用したとしても、返済がすぐに出来なくなり、債務整理などをしなくてはいけないような状況になることになってしまうかもしれません。
このような時には、まず生活費を見直しましょう。
生活費を見直すことにより、意外に返済に充てるだけのお金が出てくることもあります。
生活費を見直して、返済できるお金を確保してからの利用も大切です。

 

専業主婦 カードローン 返済

 

5-1. 固定費用を見直して節約

生活費を見直すときに、多くの人が食費や電気代などを節約することを考えるのですが、この方法でねん出できるお金はそれほど多くありません。
最も効率よくお金を捻出できる方法が、固定費用を見直すという方法です。
固定費用とは、携帯の料金や保険料、自動車関連など、毎月必要になっている費用です。
この部分を見直すことにより、一時的なお金ではなく、継続的にそのお金が使えることになります。
例えば、多くの生命保険などに加入していて、毎月何万円も支払っているのなら、一つ解約するだけでもカードローンの返済額に必要なお金が作れることにもなります。
今の固定費用を解約したり、別のプランにするなど、固定費用の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

5-2. 我慢をして節約

固定費用を見直しても、カードローンの返済が難しいという状況では、様々なことを我慢することも重要です。
節約をするには我慢をするということが重要なポイントとなります。
毎日買い物には車を使っている人なら、天気の良い日は自転車で買い物に出かけることでガソリン代の節約になります。
専業主婦の場合では、時間があれば家でテレビを見ているという人も多いのではないでしょうか。
家にいてテレビを見るだけでも電気代が必要になります。
この電気代を節約するためにも、読書をしたり、天気の良い日は散歩に出かけるのも電気代節約にはいい方法です。
今まで楽しみにしていたものを我慢することにより、節約をすることが出来ます。

 

5-3. 家族で生活費の状況を共有する

自分の楽しみを我慢しながら節約することで、お金も自然と余裕が出てくるのですが、長く我慢するというのはつらく、精神的な負担も大きいものです。
特に自分だけ我慢をしていると、その精神的負担も大きくなります。
だからと言って、その我慢を夫や家族に無理強いするのもいい方法ではありません。
大切なのは、問題を家族で共有し、家族で生活費の状況も共有していくことです。
家族みんなで、家計の問題を共有するだけでも、我慢することが苦にならなくなります。
自分一人で抱え込むのではなく、家族みんなで問題を解決することも考えてみてはいかがでしょうか。