主婦 借入 限度額

1. 消費者金融を利用する場合

お金を借りる場合には、銀行から融資を受けるか、それともアコムやプロミスといった銀行以外の金融機関の総称であるノンバンクからお金を借入れるかという2つの選択肢があります。
この内、ノンバンクから融資を受ける場合には総量規制という制限がかかってしまいます。
これは、その人の年収の3分の1以上の額の貸付を行ってはいけないとするもので、これがあるため収入が無い人は基本的にノンバンクから融資を受けることができません。
銀行からお金を借りる際にはこのような規制が無いため、法的には誰であっても融資を受けることができます。

 

専業主婦 カードローン 限度額

 

1-1. 配偶者の年収の3分の1までなら借入が可能

収入が無い人はノンバンクからお金を借りることはできません。
カードローンも借金の一つの形であるため例外ではありません。
ただし、総量規制の例外として配偶者貸付制度と言うものがあり、これは夫の同意書と夫婦証明証を提出することで、自身に収入が無くても世帯収入の3分の1までの額の借入を行うことができるようになるというものです。
働いていない専業主婦でノンバンク系カードローンを利用したい場合には配偶者貸付制度を利用することになるでしょう。
専業主婦専用のカードローンに比べて配偶者貸付制度で利用するカードローンは金利が低めに設定されていることも多いため、少ない利息でお金を借りたい場合にはおすすめできる方法でしょう。

 

1-2. 配偶者の同意書や住民票などの提出が必要

低金利、そして高めの限度額設定でお金を借りることができる配偶者貸付制度はメリットが沢山あり魅力的に思えるでしょう。
ただし、この制度を利用するためには、通常のカードローン申請の書類に加えて、いくつか手間のかかる書類が必要になってしまいます。
具体的には、配偶者の同意書と、その人と夫婦関係にあることを証明する書類が必要になります。
また、ノンバンクであれば、法的にはどこであっても制度を利用することができますが、審査の際に手間がかかってしまうため、中にはこの制度での利用を断るところもあります。
配偶者利貸付制度で融資を受けたい際には、申請を出す時にその旨を伝えて相談することをおすすめします。

2. 総量規制の対象にならない銀行カードローンを利用すること

気付いた人もいるかもしれませんが、ノンバンク系カードローンを利用する際には配偶者の同意書が必要となるため、夫に内緒でカードローンを利用するということは難しいでしょう。
夫にバレずにカードローンを利用したい場合には、専業主婦向けと謳っている銀行系カードローンを利用することをおすすめします。
これらのカードローンでは審査で、夫の同意書がいらず、なおかつ夫の勤務先への在籍確認の電話も無い、というところも数多くあり内緒でカードローンを利用したい専業主婦の心強い味方となります。
ただし、金利や利用限度額に関していえば利用者に不利な契約となってしまっている傾向があります。

 

2-1. 銀行のカードローンなら同意書不要!

銀行系カードローンであれば、総量規制の対象外であるため法的には年収に関係なく融資を受けることができます。
これを利用したのが専業主婦向けカードローンで、自身に収入が無い専業主婦に対して緩い条件で貸付を行っています。
夫の同意書もいらず、夫の勤務先への在籍確認も必要でないため、夫に内緒でカードローンを利用したい専業主婦からすればありがたいカードローンであると言えるでしょう。
また、銀行によっては自宅への電話や郵便物の配送を一切行せず、徹底して夫バレの可能性を抑えてくれるところもあります。

 

2-2. 専業主婦の借入限度額は一体いくらまでなの?

専業主婦に対しては緩い条件で貸付をしてくれる専業主婦向け銀行系カードローンですが、一般的には金利が高めで、利用限度額は低めでの契約となってしまいます。
実際、これらのカードローンを利用している専業主婦たちによると利用限度額は10万円から30万円までであることが多いようです。
ちなみに、専業主婦専用カードローンのもう一つの特徴として、月々の最低返済額も低めに設定されているという点が挙げられます。
銀行にもよりますが、10万円までの借入であれば月々の最低返済額は2000円前後であるところがほとんどです。

 

2-3. 三菱東京UFJ銀行バンクイックの限度額

三菱東京UFJ銀行ではカードローンとしてバンクイックという商品を用意しています。
これは、利用限度額は10万円までと少額ですが、本来なら必要になる在籍確認が無く、自宅への郵送や電話も一切無いため、誰にもバレずに即日融資を受けることができるカードローンとなっています。
また、月々の返済額も2000円からということで専業主婦の利用者もとても多いカードローンだと言われています。
確かに限度額は少な目ですが専業主婦であれば10万円以上のお金が急に必要になることも少ないと思われるため、十分な性能を持っているカードローンではないかと思われます。

 

2-4. イオン銀行の限度額

イオン銀行カードローンBIGも専業主婦が利用できるカードローンの一つとなっています。
専業主婦向けカードローンであるのにも関わらず、月々の最低返済額は一般のカードローンとそう変わらないというデメリットはありますが、極度金50万円までで融資を受けられるという点と、専業主婦向けであるのに金利上限が13.8%と、他のものとくらべて約4%ほど低い金利が魅力的な点として挙げられます。
専業主婦が夫に内緒で利用できるカードローンの中では最低金利レベルで融資を受けることができるため、できるだけ利息額を少ない状態でお金を借りたい場合には魅力的な選択肢の一つとなるでしょう。

 

2-5. ジャパンネット銀行の限度額

ジャパンネット銀行のカードローンは、専業主婦向けのカードローンという訳では無く、配偶者に安定した収入を条件に専業主婦も利用できるカードローンとなっています。
そのため、利率や限度額も一般の顧客向けのカードローンと同じ条件で利用することができます。
利率は最大18%で限度額は最大1000万円となっています。
最低返済額は、10万円までであれば月々3000円ということで専業主婦であれば何とか捻出できる額ではあるのではないでしょうか。
ただし、ジャパンネット銀行では専業主婦の場合には夫の勤務会社への在籍確認の電話があるため、夫に内緒でカードローンを利用するということは少し難しいでしょう。

 

2-6. カードローンの利用が初めてという専業主婦の限度額は?

カードローンの利用が初めての専業主婦の方は、利用に際して不安も抱えているでしょう。
少しでも不安や疑問がある場合には、インターネットからカードローンの申込みをするのではなく、直接銀行窓口に行き、係員と相談をしながらカードローンの申請手続きを行った方が良いでしょう。
また、専業主婦であればカードローンの利用限度額は10万円前後に設定しておくことをおすすめします。
10万円までの借入ならば月々の返済額は多くても5000円程度になることが多く、専業主婦であっても苦しまずに返済を行うことができるでしょう。

3. 実際に利用できる限度額は審査によって決められる

ある程度の希望限度額はカードローンの利用申請時に出すことができますが、実際の限度額は金融審査によって決定されます。
そのため、例え20万円の希望限度額で申請をしたとしても実際には10万円までの融資になることもあります。
この限度額は、その人の年収、勤務会社、勤務年数などといった属性から決められますが、専業主婦の場合には夫の属性が参照されます。
ただし、どのようなカードローンであっても限度額の最低は10万円に設定されているところがほとんどであるため、専業主婦であっても10万円の借入は確実にできるでしょう。

 

3-1. 審査で借入希望額を記入する理由

実際の借入額が審査で決定されるのならばなぜ事前に借入希望額を記入しなくてはいけないのか、と疑問に思う人もいるでしょう。
確かに、事前の希望が必ずしも通るとは限らず、むしろほとんどの場合には希望額以下の限度額が設定されてしまいます。
しかし、希望額は特に審査で許された額以下の時に参照されます。
例えば、希望額が10万円である顧客に対して、銀行側が用意できる潜在的な限度額が50万円である時などに顧客の希望額である10万円に設定されます。
顧客の中には、あえて希望額を低めに設定してカードローンの利用を強制的に抑えようとしている人もいます。
実際、カードローンは限度額が高ければ高いほど繰り返し借入を行ってしまい、返済が終わらないというケースが数多く報告されています。
そのため、あえて限度額を低くして無理な借入を行えなくしてしまうことも、カードローンの利用をセーブする有効な方法となっています。

 

3-2. 審査で使用目的を聞かれる理由

自動車ローンは自動車を購入するためのローンで、住宅ローンは家を建てる際に受ける融資であるように、各種ローンにはそれぞれの利用目的が設定されています。
これに対してカードローンは利用目的が比較的自由で、法人目的以外であればどのような理由であっても融資を受けることができます。
審査の利用目的では、本当に個人的な理由で融資を受けるのかどうかを確認しています。
要綱にも書かれていますが、カードローンは個人利用の融資であり、法人目的で利用することは考えられていません。
そのため、利用目的としてはゴルフ用品の購入であったり、旅行目的であったりと個人的なものを記入しましょう。