主婦 借入 審査

1. 専業主婦のカードローン審査基準

専業主婦向けカードローンと聞くと、専業主婦であれば誰であっても無条件で借入を行えるようなイメージを持たれがちですが、専業主婦専用カードローンには独自の審査基準が存在します。
自身に収入が無い専業主婦がカードローンを利用する際には、自身の信用情報にプラスして夫の信用情報も金融審査に影響します。
具体的には、職業、勤続年数、おおまかな年収に加えて、夫のクレジットカード利用歴や、借金、返済の履歴が参照されます。
そのため、自身はブラックリストに入っていなくとも、夫がブラックリスト入りをしていた場合には金融審査に通ることは難しくなってしまうでしょう。

 

専業主婦 カードローン 審査

 

1-1. 個人信用情報で審査される項目とほぼ同じ

専業主婦専用のカードローンで審査される内容は、一般向けカードローンと大差は無く、基本的には個人信用情報を基にして審査が行われます。
具体的な審査内容としては、自身のクレジットカード利用歴、借金返済歴、携帯電話料金未納の有無に加えて、夫の信用情報と、勤務会社、勤続年数、おおまかな年収といった属性などが含まれます。
つまり、自分と夫が金融事故を起こしたことが無く、夫が正職に就いてさえいれば専業主婦向けカードローンに落ちることはまずないでしょう。
もし夫が正職に就いているのにも関わらず落ちた場合には、どちらかがブラックリスト入りをしてしまっているか、あるいは申請時に記入ミスがあるかのどちらかであるパターンが多いです。

2. 銀行カードローンの審査は、審査項目が多い

ちなみに、お金を借りる際には、銀行から融資を受けるか、アコムやプロミスといった消費者金融、信販会社の総称であるノンバンクから融資を受けるかの2つの選択肢があります。
一般的に、銀行系カードローンは審査項目が多く、審査自体も厳し目である傾向が見られます。
例えば、多くのノンバンクであれば審査対象とならない携帯電話料金未納の有無も銀行系カードローンの審査では一つの審査要素となるようです。
このように、銀行系カードローンの審査は比較的厳し目ではありますが、メリットとしてノンバンクよりも低金利でお金を借りることができるという点が挙げられます。

3. 個人信用情報の審査基準

今までの説明で、金融審査に使われる個人信用情報のおおまかな概要は理解できたと思います。
ここからは、では、どのような金融情報がカードローンやクレジットカードの審査で参照されるかについて述べていきたいと思います。
具体的には、他社借入件数と他社借入金額の違いや、返済履歴、金融事故について説明していきます。
あまり生活している中ではこれらを意識することもないため、ここで知っておくことでいざと言う時の助けになるかもしれません。
また、個人信用情報の正体を知ることで、事前に金融審査に通るかどうかのおおまかな予測を立てることができるようになります。

 

3-1. 他社借入件数

他社借入件数とは、簡単に言えば「何社から融資を受けているか」ということであり、場合によっては他社借入額よりも金融審査に響いてしまう可能性もあります。
と言うのも、借入件数が多いということは、1社だけでは賄えないような金遣いをしているか、あるいは返済の為にお金を又借りしているかのどちらかであることがほとんどであるため、銀行側からしたら警戒する一要素となってしまいます。
実際、3社以上から借入を行ってしまうとカードローンに限らず、以降の金融審査に通り辛くなってしまうという話をよく聞きます。

 

3-2. 他社借入金額

他社借入件数と他社借入金は言葉上では似ていますが、実際には全く違うものを意味します。
他社借入金額というのは、他社全ての金融機関から借り入れている総額のことを指します。
つまり、1社からだろうが、3社からであろうが、融資を受けている総額が10万円だとすれば、他社借入金額は10万円となります。
ただし、1社から10万円ならば金融審査にはそれほど影響はしませんが、3社から10万円の融資を受けてしまうとその人の経済力が疑われてしまうため、以降の金融商品に関する審査で足かせとなってしまうでしょう。
このため、他社借入金額よりも他社借入件数が多い方が金融審査には不利に働いてしまうでしょう。

 

3-3. 直近2年間の返済履歴

信用情報には金融事故の有無、クレジットカード歴、借金と返済歴などの情報が含まれています。
これらの情報は一生残るというものでは無く、個人信用会社にもよりますが、金融事故は5〜10年、それ以外のものは直近2年間の取引が履歴として残っています。
そのため、2年間の内に複数の金融機関から借入を行っていたり、多額の借金を繰り返している場合には金融審査で警戒されてしまうでしょう。
カードローンはその性質上繰り返しの利用をしがちですが、カードローンも借金の一つの形であるため繰り返しの利用は以降の審査で不利に働いてしまいます。

 

3-4. 過去の返済事故

ブラックリストというのは誰であっても、どのようなことか想像はつくと思います。
一度ブラックリストに名前が載ってしまうと、その人は向こう10年間は全ての金融審査で落ちてしまいます。
数回の軽度な返済遅延であれば金融事故としては扱われずブラックリストにも入りませんが、遅延の常習犯であったり、債務整理などをしてしまうと金融事故を起こしたとしてブラックリストに名前が載ってしまいます。
もちろん、金融事故を起こしたという記録も永遠に残るわけではなく、大体10年ほど経済的に健全な生活を送っていれば消えるようです。
ただし、いくら記録が消えるとしても10年間いかなるローンであっても組めなくなってしまうということは社会生活を送る上で大きなデメリットとなってしまうため、できるだけ避けたいことではあります。

4. 銀行カードローンの審査に通る条件

銀行系カードローンはノンバンク系カードローンに比べて審査が厳しめであるという特徴があります。
しかし、専業主婦向けカードローンであれば審査はノンバンクと同じくらい緩い場合も多いです。
専業主婦専用カードローンの審査に通るためには、夫が正職に就いており、自身と夫の両方が金融事故を起こしたことが無い、という2条件のみをクリアすれば良いと言われています。
つまり、普通に社会生活を送っていれば専業主婦向けカードローンの審査に落ちることはまずないでしょう。
この種のカードローンに落ちた場合には、どちらかの信用情報がブラックリスト入りしている可能性が大きいです。

 

4-1. 借入を減らし返済実績を作る

では、借入件数が多いとどのような手を使っても他の金融機関から融資を受けることができないのか、と言われればそういう訳でもないようです。
具体的には、借入件数と借入金の両方を継続して減らしていき、返済実績を作ることで信用度を高めていくことができます。
融資をする側からすれば確実に返済を行ってくれる人を顧客として獲得したいため、返済実績がしっかりとしている人に対しては安心してお金を貸すことができます。
このように安心できる顧客に対しては審査も緩くなり、限度額も高めに設定した契約を行ってくれることが多いです。

 

4-2. 1ヶ月で3社以上の申込みはしない

一般論として、1ヵ月以内に複数の金融商品に手を出すことはタブーとされており、これをしてしまうと信用情報に大きな傷を残してしまいます。
ここで言う金融商品とは、クレジットカードや、各種ローンといった融資に関する全ての商品のことを指します。
考えてみれば、収入が高ければそれだけ高い融資を1社のみから受けられるはずであるのに、いくつもの金融機関からお金を借りているということはそれだけ1社1社からの信用が低く、お金が足りていないということが容易に想像できます。
お金を複数の機関から借りている人は返済を滞らせたり、自己破産を行うリスクも相当あるため、金融機関からすれば融資を行う対象としては一番避けたいタイプの人であると言えるでしょう。

 

4-3. 利用限度額の高望みをしない

カードローンを利用する人の中には最初から利用限度額を高めに設定したがる人が多くいます。
しかし、利用限度額を高く設定すると審査に通り辛くなってしまうだけでなく、後々の返済で自分の首を絞めてしまう可能性が高くなってしまいます。
実際、カードローンは返済した分でまた借入を行うことができるため、中々元金が減らないという悪循環に陥りがちです。
そうでなくとも、利用限度額を低めに設定してくれている顧客は金融業者からするとローリスクで利益が見込めるため審査に通りやすくなることが多いです。