主婦 借り入れ 銀行

1.専業主婦の借入なら銀行カードローン!

急な出費でお財布がピンチ。
生活費が足りない。
そんな時に、専業主婦でも融資を受けられるのが銀行カードローンです。
銀行カードローンは審査が厳しいというイメージの人もいるのではないでしょうか。
実は、収入がない専業主婦にこそ銀行カードローンがおすすめなのです。
銀行カードローンは消費者金融や信販系カードローンに比べて、金利が低く、近年は利便性も高くなっています。
また、専業主婦でも自分の名義で契約することができるので、配偶者の収入証明書や同意書などが必要ありません。
つまり、夫や家族にバレずに融資を受けることができるのです。

 

専業主婦 銀行カードローン

 

1-1.銀行カードローンは総量規制対象外

消費者金融会社といった貸金業者は、貸金業法という法律に則って貸付を行っています。
貸金業法には、裁量規制という決まりがあり、融資希望者の年収の3分の1以上は貸し付けてはいけないと定められています。
つまり、収入がない専業主婦には、法律で貸し付けができないのです。
ただし、銀行は貸金業者とは違い銀行法に則って運営されています。
裁量規制の対象外なので、収入がない人に貸し付けを行うことは規制されていないのです。
銀行カードローンなら専業主婦でも夫や家族といった人の力を借りずに、自分でお金を借りることができます。

 

1-2.利用限度額は配偶者の収入で上限が変わる

銀行カードローンなら、収入がない専業主婦でも融資を受けることができます。
ただし、配偶者に安定した収入があることが大前提となり、限度額も決して高くはありません。
契約時に設定される利用限度額は、一般的には5万円から30万円です。
配偶者の収入などといった銀行独自の基準によって設定されます。
この利用限度額がずっと変わらないという訳ではなく、利用実績、返済実績を作ることで、専業主婦でも増額のチャンスがあります。
カードローンをコンスタントに利用し、延滞などをしなければ早ければ半年ほどで増額の案内がくるかもしれません。

 

1-3.消費者金融は配偶者貸付制度の利用が必須

銀行カードローンは裁量規制の対象外なので専業主婦でも融資を受けられますが、裁量規制の対象となる消費者金融では融資を受けることができないのでしょうか。
実は、配偶者貸付制度を利用することで、銀行以外の貸金業者からもお金を借りることができるのです。
配偶者貸付制度とは、本人と配偶者、2人の年収を合わせた金額の3分の1まで貸し付けてくれる制度です。
申し込みには、配偶者の同意書、収入証明書、婚姻証明書などが必要になります。
夫に内緒でお金を借りることはできませんが、銀行カードローンで自分の名義だけで借りるより大きな金額を借りることができます。

2.銀行カードローンの申し込み方法

銀行カードローンの申し込みは、窓口やローン契約機など以前は限られた方法のみでした。
窓口は営業時間も限られていますし、申し込む銀行が遠かったり不便な場所の場合はすぐに申し込むことが難しかったのですが、今はネットやテレビ窓口などで24時間簡単に申し込むことができます。
必要なものは身分証明書のみで、融資希望額が高額な場合は収入証明書も必要になることがあります。
申し込みの大まかな流れは、申し込み書に自身の情報を記載し提出、それを銀行が確認し審査をします。
在籍確認の電話があったのちに、ローンカード発行となります。

 

2-1.web申し込みなら24時間可能

中にはネットで申し込める銀行カードローンもあります。
方法はとても簡単で、ホームページにアクセスし、表示通りに手続きを進めるだけです。
Web申し込みのメリットは、24時間いつでもどこでも申し込むことができるという点です。
銀行の窓口は開いている時間が限られていますし、わざわざ足を運ばなければなりません。
その点、借りたいときにいつでも申し込めるのはとても便利ですよね。
また、web申し込みは、パソコンだけでなく携帯電話やスマホでも利用できます。
自宅にパソコンがない場合も、パソコンは持っているけど外出先や旅行先などで手元にない場合にもすぐに申し込めます。

3.審査で夫にバレない?

カードローンを申し込むときに心配する人が多いのが、夫や家族にバレること。
やましい思いがあるわけではなくても、心配をかけてしまうのがイヤで、内緒で申し込むという人もいるのではないでしょうか。
もし、審査の時に夫の信用情報を調べて、その情報が残ってしまい何かの時に夫が気付いてしまったらと不安に思う必要はありません。
銀行カードローンを自分の名義で申し込んでいる限り、夫の信用情報に影響はありません。
ただし、住宅ローンを利用する予定がある場合は注意が必要です。
夫が住宅ローンを組む時に、配偶者の妻を連帯保証人にすると、妻の信用情報も調査されるからです。

 

3-1.在籍確認の電話がないから安心!

何を聞かれるのだろう?
これがきっかけで、夫にバレたらどうしよう?
そんな心配のタネが在籍確認の電話ではないでしょうか。
ただし、今は在籍確認の電話が必要ない銀行カードローンもいくつかあります。
たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックにおいてテレビ窓口で申し込めば、専業主婦なら在籍確認の電話なしに、カードを申し込むことができます。
テレビ窓口は、三菱東京UFJ銀行のATMの傍に設置されている窓口です。
通常の銀行の窓口と違い、営業時間が長く土日にも利用できます。
また三菱東京UFJ銀行の場合は、この銀行の口座を持っていなくても申し込めるのもメリットの一つです。

4.条件を満たせば即日での借入も可能

消費者金融や信販系のカードローンに比べて、以前は審査に時間がかかっていた銀行カードローン。
多くの場合は申し込みからカード発行まで1週間ほどかかっていました。
今は、銀行カードローンでも条件を満たせば申し込んだその日に融資を受けられます。
現在は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行などの銀行カードローンで即日融資を行っています。
それぞれの銀行ごとに申し込み方法や、受付時間、必要書類が異なりますので、事前に電話等で問い合わせてから、窓口や契約機に向かいましょう。
新生銀行カードローンのレイクなら、携帯電話一つで即日融資の申し込みができるので、外出先や旅行先でも便利です。

5.低金利だから利用

銀行カードローンを利用する最大のメリットは、その金利の低さです。
消費者金融や信販系カードローンなら、金利水準は5%から最高は18%となります。
銀行カードローンの場合、金利水準は3%から最高でも15%ほどとなっています。
専業主婦にとっては、利便性はもちろんですが、自分の収入がない分金利が低くて返済額が少ない方が助かりますよね。
また、銀行カードローンの中でも、銀行によって金利水準には差があります。
申し込みのしやすさや、コンビニで借入返済ができるなど、さまざまな要素を含め検討して利用する銀行を選ぶことがおすすめです。