主婦 借入 審査

1.収入が有るか無いかで変わる主婦の借り入れ審査

主婦といってもパートやアルバイトをしている人もいれば、専業主婦のように無職という人もいると思います。
金融会社でお金を借りる場合では、この収入が有るか無いかで審査に通りやすくなったり、利用する金融会社も変わってきます。
個人的にお金を貸す場合でも、仕事をしていない人にお金を貸してくれと言われても、返すあてのない人には多くの人がお金を貸さないのではないでしょうか。
これは金融会社でも同じで、少しでも収入があればお金を融資してくれる可能性は高くなります。
ただ、専業主婦といった場合では、通常の無職の人と判断はされず、銀行などでは融資をしてくれるケースもあります。

 

主婦 借入 収入

 

1-1.パートなどで収入があれば消費者金融の審査に通る可能性がある

消費者金融は即日融資にも対応し、手軽にお金を借りられることから、多くの人に人気のある金融業者なのですが、この消費者金融は収入がない人には基本的に融資はしていません。
パートやアルバイトなどでも、収入の多さに関係なく、安定した収入さえあれば審査に通る可能性はあります。
しかし、無職の専業主婦ではお金を貸してはもらえません。
これは消費者金融のような貸金業者には総量規制という法律があるためで、大手消費者金融では無職の専業主婦には融資をしていません。
しかし、中小消費者金融では、総量規制の例外として認められている配偶者貸付を利用することで融資をしているところもあります。

 

1-2.無職の主婦の場合は銀行系カードローンが利用できる!

大手消費者金融は無人契約機を設置していたり、無利息サービスなどを提供し、とても便利な金融機関なのですが、無職の専業主婦では利用することができません。
銀行は総量規制の対象外ということもあり、無職の専業主婦でも融資が受けられる銀行はいくつかあります。
そのため、無職の主婦の場合では銀行系カードローンを利用することでお金を借りることができます。
銀行は総量規制の対象外ということで無職の主婦でもお金を借りられるのですが、どこの銀行でも借りられるというわけではないので、申込みをするときには、しっかりと利用条件を確認してから申し込むようにしましょう。

 

1-3.パートをしている主婦と専業主婦では在籍確認はどう違う?

基本的にどこの金融会社でも、申込みを受ければ在籍確認をおこないます。
この在籍確認は、申込時に記入された勤務先に本当に在籍しているのかという確認です。
パートなどをしている主婦の場合では勤め先に電話連絡が入ることになるのですが、無職の主婦の場合にはどうなのでしょうか?
無職の人の場合には、夫の勤務先に連絡が入るのではないかと不安になってしまいますが、カードローンの申し込みでは申込者本人の確認をするだけで、それ以上の確認はありません。
申込書に夫の勤務先を記入したとしても、申込者の本人確認だけで、夫の勤務先には連絡が入らないということです。

 

1-4.利用限度額は配偶者の収入によって変動

無職の主婦が銀行系カードローンを利用する場合では、通常申込書に夫の勤務先や年収などを記入することになります。
銀行では配偶者に安定した収入があれば融資をしてくれるため、どうしても夫の収入が重要なポイントとなります。
専業主婦ということで夫にある程度の収入があるということは判断できるのですが、夫の収入によって利用限度額の増減があるのは仕方ないと考えられます。
収入のない専業主婦の場合、通常、利用限度額は30万円や50万円までと決められていますが、夫の収入によっては10万円程度の借入しかできないケースもあると考えておきましょう。

2.主婦の借入審査が甘いという金融業者に注意!

主婦の人は家計を任されている人が多く、急な出費で家計がピンチという時には、なんとかこのピンチをしのぐために、友人や家族、金融機関を利用してお金を工面しようとします。
すんなりと友人や家族、金融機関からお金を借りられたといった場合はいいのですが、どこからもお金を借りられなかったという場合にはどうしたらいいかと悩んでしまいます。
もし、このような状況になっても、審査が甘い、どんな人でも融資をするといった謳い文句の金融業者だけは利用してはいけません。
一般的に、自ら審査が甘いなどと謳うような金融業者はありません。
そのような業者は悪徳業者の可能性があります。

 

2-1.個人信用情報を元にした審査に甘いという事はない

よく、消費者金融は審査が甘く、銀行は厳しいと言われます。
しかし、消費者金融もしっかりと審査をしたうえで融資をしています。
この消費者金融も銀行でも、必ず確認するのが個人信用情報です。
個人信用情報とは、信用情報機関に記録されている情報で、今までどのような金融機関を利用して、どのくらいの借入があるのか、どのような返済をしてきたのかを確認することができます。
この情報を使い、その人が信用できる人なのか、信用できない人なのかを判断しています。
そのため、国や都道府県から許可を受けた金融業者で審査が甘いということはありません。

 

2-2.詐欺や闇金など悪徳金融の可能性

消費者金融や銀行でも、申込みを受ければ必ずしっかりとした審査をしたうえで融資をしています。
そのため、まず審査が甘いといった謳い文句の業者は怪しいと考える必要があり、どんなにお金に困っていても利用してはいけません。
お金に困っていると、怪しいと思っていてもすぐ返済すれば問題ないと考えてしまう人がいます。
しかし、詐欺や闇金などの悪徳金融は、一度連絡をしただけで様々な被害を受ける可能性があります。
そのため、お金を借りてすぐに返済すれば問題ないといった甘い考えはなくす必要があります。
大切な家族を守るためにも、どんなにお金に困っても連絡をしてはいけません。

3.主婦の借り入れ審査を不利にしてしまう嘘

誰でもお金に困っている時には、なんとか審査に通りたいと考えてしまいます。
しかし、そんなときでもしてはいけないことがあります。
それが、申し込みの時に嘘を記入するということです。
お金を借りるうえで重要なのが信用です。
どんなにお金に困っていても、金融会社は信用ができない人には融資はしてくれません。
その信用を得るための第一印象となるのが申込書です。
金融会社に正しい審査をしてもらうために、申込書に記入する情報も正確に記入するすることが融資を受けるためには大切です。
信用を得られる対応をすることが、審査に通るうえでとても重要なことです。

 

3-1.収入など申込書に嘘を書くと審査に通らない

審査に通りやすくするためには、まず申込書に正確な情報を記入することが重要です。
お金に困っている時ほど、少しでも審査に有利になるようにと、収入や勤続年数などを偽ってしまいがちです。
しかし、その行為によって金融会社からの信用を失ってしまう可能性があるため、正直に記入することがお金を借りるうえで重要なポイントです。
仮に、嘘を記入するつもりがなくても、間違った情報を記入したことにより、虚偽の申請と判断され審査に落とされる可能性があります。
申込書に記入する時には、正しい情報が確認できる書類を準備し、慎重に記入していきましょう。

 

3-2.信用情報に傷が付けば住宅ローンが通らない可能性も

審査に通りお金を借りられてからも、金融機関への信用を失わない対応が必要です。
お金を借りた後に重要になるのが返済です。
返済が滞れば、金融機関への信用を大きく失うことになります。
この信用は、お金を借りた金融機関だけ影響するものではありません。
金融機関からお金を借りたという事実は信用情報に記録され、延滞をすればその事実も記録されることになります。
信用情報は、住宅ローンなど、他のローンを利用するときにも確認されることから、今後住宅ローンなどを利用しようと考えている人は、カードローンの利用を慎重におこなう必要があります。