カードローン 申し込み 注意

1. 銀行カードローンかどうかチェック!

カードローンとしてお金を借りることができる業者には銀行系か、ノンバンク系という2種類のものがあります。
銀行系カードローンは、その名前の通り、銀行が用意しているカードローンのことで、ノンバンク系とは、消費者金融や信販会社といった銀行以外で行われている融資のことを指します。
自身に収入が無く、夫に内緒でカードローンを利用したい場合には一部銀行が用意している専業主婦専用のカードローンを利用することになるでしょう。
金利が高く、借入限度額が10万円程度であったりと、消費者側に不利な契約ではありますが夫の会社へ在籍確認の電話が来なかったり、自宅に郵便物が届かなかったりと夫に内緒で利用できるという点では優れています。

 

カードローン 申し込み 注意点

 

1-1. 専業主婦でも申込めるかの確認が必要

全ての銀行が専業主婦向けのカードローンを提供している訳では無く、むしろ自身に収入の無い人に対して融資を行ってくれる金融業者は少ないため、その銀行が本当に専業主婦相手であっても貸付を行っているかはしっかりと下調べをする必要があります。
また、専業主婦向けのカードローンであっても、会社へ在籍確認があったり、郵便物を沢山送り付けてくる業者もいるため、夫にバレずに利用できるかどうかも自分で調べる必要があるでしょう。
一番確実なのは、契約の際に夫に内緒で利用したい旨を伝えることで、こうすることで電話や郵便物でカードローンの利用がバレてしまうリスクは大幅に減るでしょう。

2. カードローンの申込み条件をチェックする

専業主婦専用カードローンであっても、専業主婦ならば誰でも無条件で利用できるという訳では無く、世帯収入や、夫の勤務年数などいくつかの条件がある場合があります。
専業主婦向けのカードローンだからといって安易に飛びつくのではなく、そのカードローンには申込み条件があるのかなど、申込み要綱をじっくりと確認してから申請を出すことをおすすめします。
ただし、条件といってもそれほど厳しい基準を設けているところは少なく、大抵の業者では、夫が正職を得ていればカードローン利用を許可するでしょう。

 

2-1. 金利や借入条件も必ず確認

申込み条件を確認するだけでなく、金利や、返済に関する規定にもしっかりと目を通しておくことが重要です。
特に、専業主婦向けのカードローンでは金利が高めに設定されていることも多く、いくら借りたらどれくらいの利息が付いてしまうかは事前に知っておかなければなりません。
また、専業主婦であれば月々の最低返済額にも注意を払うべきでしょう。
月々の最低返済額が1万円である場合には、専業主婦であれば返済に苦しむことになるのは日の目を見るよりも明らかなことで、自分の家計と相談してみて余裕をもって返済が行えるところを探しましょう。
業者の中には月々の最低返済額が2000円程度であるところもあるため、これらの中から自分に合ったカードローンを見つけることが大事です。

3. 申込みは正確に

専業主婦の中には、夫の会社に在籍確認の電話をして欲しくないからという理由で、申込みの際に虚偽の情報を記入してしまう人もいますが、虚偽の情報を書くことは犯罪である上に、信用情報と照らし合わせれば即座にバレてしまうためおすすめしません。
在籍確認の有無は契約の際に教えてくれるため、急に夫の勤め先に電話が行くこともありませんし、不安であればその旨を聞くことで包み隠さずに教えてくれるため虚偽の情報を記入することだけは止めた方が良いです。
申込みの際には、自身と夫の情報は正確に書いた方が良いでしょう。
むしろ不備があった時の方が夫の勤め先に電話がいったり、不要な郵便物が届いたりしてしまうため夫にバレるリスクも高くなってしまいます。

 

3-1. ミスがあれば審査に通らない

申込みの際に虚偽の情報を提供することは犯罪で、業者にはすぐにバレてしまう事は説明しましたが、間違った情報を記入してしまうと、意図的であれどうであれ、最悪の場合には以後の金融審査に響いてしまう可能性もあります。
もちろん、当たり前の話ですがカードローンの利用申請書類に不備やミスがあれば審査にはまず通らないでしょう。
カードローンに限らず、金融商品の利用申請を行う際には細心の注意を払ってミスや記入漏れが無いよう気を付けて記入を行いましょう。
基本的には、夫や自分がブラックリストに入っておらず、夫が正職に就いていれば専業主婦専用のカードローンで落ちることはまずないでしょう。

3-2. メールアドレスの記入ミスが多い

ちなみに、カードローン申請で一番多いミスがメールアドレスの記入ミスです。
そうでなくとも、アルファベットのoと0、のように一見すると違いが分からない物も多くあり勘違いされがちなメールアドレスなので、記入の際は間違いをせずに、そしてアルファベットなのか、数字なのかを分かりやすく区別しましょう。
例えば、oを書くときにはいつもより気持ち丸みを強調して書いたり、アルファベットのアイ(I)とエル(l)はメールアドレスに含まないようにするなどといった工夫も良いでしょう。
夫に内緒でカードローンを利用したいならば電話ではなく、メールでの連絡となるため、メールアドレスの記入は思われている以上に重要です。

4. 申込み金額は最低限にとどめておく

なお、カードローンの利用契約を結ぶ際に利用限度額を決めるのですが、この申込金額は最小限にとどめた方が良いでしょう。
というのも、カードローンはその性質上、借金をしているという意識を持ちずらいです。
そのため、利用限度額が高いと気付いたら限度額まで利用してしまっていて返済に四苦八苦してしまうというケースも珍しくはありません。
実際、カードローンは借入を行った後返済をして、その空いた枠で繰り返し借入を行うことができるため、あたかもカードローンの限度額が自分のお金であるかのように錯覚を起こしてしまいます。
こうなると意識的に借金を止めることは難しくなってしまうため、限度額を低めに設定することでこのようなトラブルを未然に防ぐことができます。

 

4-1. 希望額が少ないほうが審査にも通りやすい

また、希望額を低めにすることで金融審査にも通りやすくなるというメリットもあります。
専業主婦専用のカードローンということで、利用者のほとんどは自身に収入の無く、夫に世帯収入を任せている専業主婦です。
そのため、銀行側からすれば夫が支払い拒否を行えば貸付金を回収できなくなってしまうというリスクを抱えてしまっていることになります。
このリスクを最小限にしたいというのが銀行側の本音であり、ローリスクの融資であれば銀行側も融資を行いやすくなります。
その意味でも専業主婦向けカードローンを利用する際には希望額を低くすることで銀行もゴーサインを出しやすくなるでしょう。
具体的には、専業主婦向けカードローンならば10万円以下にすれば金融審査に通りやすくなるようです。

5. 借入件数を少なくする

カードローンに限らず、クレジットカードや他の各種ローンを利用する際の金融審査全般に言えることですが、利用しているクレジットカードやローンは少なくした方が審査には有利になります。
というのも、これらの情報は全て信用情報として個人信用情報会社によって記録されており、多くの借入件数を抱えているということはそれだけお金のやり繰りに苦しんでいると解釈されるからです。
具体的には、同時に3件以上の会社から別々に融資を受けている場合には以降の金融審査に影響が出るようです。
借入件数は多くなればなるほど金融審査だけではなく、自分の首をも絞めてしまうことに他ならないため、複数の金融機関から借入をしてしまっている場合には自分の生活を見直すことをおすすめします。

 

5-1. 他社からの借り入れがあると審査に不利

上でも説明しましたが、複数の金融機関のクレジットカードを同時に利用していたり、複数の会社から融資を受けてたりすると以降の金融審査に通りずらくなってしまうと言うデメリットがあります。
これは、複数の金融機関を利用しなければ経済生活を行えないと判断されるからという理由があります。
実際、複数の金融機関を利用している人は、返済を行うためのお金を借りるという悪循環に陥っていることも珍しくありません。
カードローンであれ、クレジットカードであれ借金をしているという意識を強く持って、利用する際には責任を持って完済する覚悟を持ちましょう。