主婦 借入

銀行カードローンって主婦でも借りられるって本当?

                                      

 

「専業主婦で全く収入がない」、「パートをしているけどお給料は少しだけ」そんな主婦の方でも急にお金が必要になることってありますよね?
主婦だから貸してくれる金融機関なんてないと諦めていませんか?
実は銀行カードローンなら主婦でも借入ができるんです。

 

 

主婦でもOKの理由

では、どうして主婦でも融資してもらうことが可能なのでしょうか?その理由は2つあります。

 

まず、一つ目の理由は総量規制です。これは、個人の借入総額を年収の1/3までとする決まりで、2010年6月に施行されました。貸金業者(消費者金融、信販会社、クレジット会社)からの借入は総量規制の対象となるため、収入のない主婦は借りられません。
一方、銀行カードローンは総量規制の対象外であるため、収入のない主婦でもお金を借りることができるわけです。

 

続いて、二つ目の理由は配偶者貸付です。これは、夫婦の年収を合算し、その金額の1/3まで貸付OKという制度のこと。銀行カードローンは配偶者貸付によって主婦にも融資をしています。主婦が配偶者貸付による借入を希望する場合、原則として配偶者の同意書・住民票または戸籍謄本・配偶者の収入証明の提出が必要です。

 

 

銀行カードローンのメリット

低金利

銀行カードローンは消費者金融と比較するとかなり金利が低いのが特徴。借入金額が大きくなればなるほど、返済期間が長くなればなるほど金利は重要です。賢く借入するには、低金利というのは大きなメリットです。

 

配偶者の同意書・収入証明不要

配偶者貸付の場合、同意書や収入証明などが必要だと上で紹介しました。しかし、多くの銀行がこういった書類の提出を義務付けていないのが現状です。実際のところ、銀行カードローンは本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)の提出のみで申し込みができます。「旦那に内緒で借りたい」という方は、同意書などが不要な銀行カードローンへ申し込むと良いでしょう。

 

担保・保証人不要

たいていの銀行カードローンは、担保や保証人も不要です。主婦の方がお金を借りる際に担保や保証人を立てるとういのは、なかなか難しいことです。手間も時間もかかる上、保証人にはカードローンの利用が確実に知られてしまいます。そういった点も心配しないですむというのは主婦にとっては嬉しいですね。

夫に内緒するなら守るべきポイント

                                                             

 

夫に内緒で借入したいという主婦の方は非常に多いはず。そこで、バレずにカードローンを利用するために守るべきポイントを「在籍確認」と「郵送物」の2点に分けて説明します。

 

在籍確認

在籍確認は申込者が申告通り勤務先に在籍しているかどうか確認するもので、基本的に電話で確認が行われます。主婦の場合は配偶者に対して在籍確認が行われますので、夫の勤務先に電話がかかってきます。インターネット上で「在籍確認なしのカードローン」などの謳い文句を見かけますが、原則として在籍確認は避けられません。
しかし、銀行の担当者は「○○銀行ですが、△△さんはいらっしゃいますか?」というようにカードローン審査とは絶対分からないよう配慮して電話してくれます。また、在籍を確認することだけが目的ですから、電話で旦那さんに対して色々と質問をするようなことはありません。

 

それでも不安な方は事前に対策を立てておくことをおすすめします。
具体的な在籍確認対策としては

 

■旦那さんが会社にいない時間帯に電話してもらう(在籍が確認されれば旦那さんが電話に出なくてもOK)
■行名ではなく個人名で電話してもらう
■「口座開設の確認で銀行から電話がいくかもしれない」など言い訳を考えておく

 

このように、ご自身の状況に合わせた対策を考えてみて下さい。

 

 

郵送物

次に気をつけたいのが自宅に送られてくる郵送物です。
審査に通過すると、カードローンを利用するための契約をしなければなりません。この契約書類やローン用のカードは指定がない場合、郵送されてきます。従って、契約は銀行窓口かATMまで出向いて行うこと、申し込み時にその旨を伝えておくこと、この2点に注意が必要です。
その他、郵送物で気をつけなければならないのが明細書です。明細書は借入や返済など利用に応じて随時郵送されてきます。そうならないために、WEB明細書の利用をおすすめします。現在ほとんどの銀行でWEB明細書の利用が可能ですから、利用開始時に切り替えておくことをお忘れなく。

即日審査を受ける方法と審査の注意点

銀行カードローンの中にも即日審査・融資を謳い文句にしている商品が多々あります。しかし、これはあくまで条件を満たした上での話し。「とりあえず申し込めば、すぐに審査してもらえる」というわけではありません。

 

 

即日審査を希望するならインターネットで申し込みを!

申込方法によって審査や融資までのスピードは大きく変わってきます。急ぐのであれば、インターネットからの申し込みが断然おすすめ。銀行やATMまで行く手間や時間もかかりませんし、周囲に知られる心配もありません。また、本人確認書類も画像をアップロードすればOKです。
ただし、銀行にも営業時間がありますから、即日審査を希望するなら「平日の午前中」に申し込むことが必要です。それ以降に申し込むと、審査が翌日以降に持ち越されてしまう可能性が高いので注意して下さい。

 

 

審査の注意点

 

では、次に審査の注意点を見ていきましょう。まず、カードローン審査の大まかなポイントとして「返済能力(収入)があるかどうか」、「きちんと返済してくれる人かどうか(過去の借入履歴・債務整理の有無)」、「現在の借入状況」の3つが挙げられます。
従って、このポイントに関してマイナス評価になるようなことは絶対に避けなければなりません。

 

具体的な注意点としては

 
@配偶者の借入状況を確認する(夫の借入が4社以上はNG)
A同時に複数社に申し込まない(申し込みブラックと判断されNG)
B希望額は必要最小限に抑える(主婦の借入限度額は最大でも50万円まで)
C申告内容は正確に(夫の勤務先や年収の嘘、誤字・脱字はNG)

 

以上4点は必ず守って下さい。

夫に内緒で即日審査OK!銀行カードローンランキング

本人確認書類のみで申し込める安心の銀行カードローン4社です。それぞれに特徴がありますので、ご自身に合ったカードローンを選んで下さい。

 

金利4.0%〜14.0%・限度額30万円
普通預金口座を持っていれば口座のキャッシュカードで即日利用可能。
新規にカードを発行する場合キャッシュカード兼用型・カードローン専用型から選択できます。
キャッシュカード兼用型ならバレない!収入証明も希望額200万円以下まで不要なので専業主婦でも簡単に申し込みできます!

 

金利4.5%〜18.0%・限度額500万円
最短で即日審査・即日融資OK!
レイクATM・提携ATMは手数料無料で希望額100万円までは収入証明不要。
初回利用に限り30日間無利息・5万円までなら180日間無利息!
「すぐに返済するあてがある」という主婦の方にピッタリです!

 

金利2.4%〜17.5%(auユーザー限定割1.9%〜12.5%)・限度額800万円
利用者からは審査が早いと評判です。限度額300万円以下は収入証明書も不要。
最短即日審査・融資OK。auユーザーの主婦の方は限定割を利用すれば断然お得に借入できます!

 

金利3.8%〜13.8%・限度額50万円
希望額300万円以下は収入証明証明書不要。
24時間365日手数料無料で借入可(ネットバンキングかイオン銀行ATM)。
14時までに申し込むと原則当日中の回答可・カード受け取りは最短で4〜5日後となります。
「スピードより金利の低さ重視」という主婦の方におすすめ!
 

みずほ銀行カードローンが主婦に選ばれている理由

金利が低い

みずほ銀行カードローンの金利は4.0%〜14.0%
初めて利用する方には、これが高いのか低いのか分からないと思います。カードローンの金利を比較する時は上限金利を見て下さい(○%〜△%となっている△%の方)。金利は借入限度額によって決定され、限度額が小さいほど金利は高くなります。専業主婦が貸してもらえる金額は多くても50万円までといったところ。初回契約時には、まず間違いなく上限金利が適用されます。
それを分かった上で金利を比較すると、14.0%は低いということがお分かりいただけると思います。

 

普通預金口座のキャッシュカードが利用できる

普通預金口座のキャッシュカードをそのままローンカードとして使えるメリットは2つあります。
 
1つ目はローンカードの発行を待つ必要がないこと。
審査に通過してもカードが発行されるまでは借入できない銀行も多々あります。その点みずほ銀行カードローンは、審査に通過すればそのままキャッシュカードで利用可能。このスピードの違いは大きなメリットです。
 
2つ目は、周囲にはカードローンの利用が分からないこと。
実際にお金を出し入れする際、ATMの前でキャッシュカードを使っていたらどうでしょう?まわりから見れば普通預金口座への入金や引き出しにか見えません。また、仮に旦那さんにカードを見られたとしても、絶対にカードローンを利用しているということは分かりません。
このように内緒で借入したい主婦に優しいという点も、みずほ銀行と他行との大きな違いです。

 

審査が早い

最も主婦に支持されている理由がこれ。審査の早さです。午前中にインターネットから申し込みをすれば最短で即日回答が可能ですし、みずほ銀行に普通預金口座を持っている人であれば、即日借入も可能です。
ネット上の口コミを見ても、利用者の審査スピードに関する評価は概ね高いと言えます。急にお金が必要になった時、審査が早いというのは非常に助かりますね。

夫に内緒!すぐ審査結果が知りたい!そんな人のためのみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、低金利・バレにくい・即日審査可能など内緒ですぐに借りたい主婦にピッタリのカードローンです。審査の注意点など理解できたら、思い切って申し込んでみましょう!
                       

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

1.収入の無い専業主婦が夫に内緒でお金の借入を行う方法を徹底解説!

車を所有していれば、車検などでまとまったお金を支払うことになり、ぎりぎりの生活をしている人にとって大きな出費となってしまい、どうしても今月は数万円、生活費が足りないということも起こります。
車を持っていなくても、子供の教育費や病気などによって急にまとまったお金が必要になることもあります。
こんな時に強い味方になってくれるのがカードローンです。
銀行や消費者金融では、本人確認書類だけを提出するだけで、10万円程度のお金ならすぐに借りることができます。
しかし、収入の少ない主婦や仕事をしていない専業主婦にとっては、自分でも利用できるのかと心配になってしまいます。
ここでは、主婦の人がお金を借りる方法について紹介したいと思います。

 

1-1.消費者金融はパートなどで収入がないと審査に通らない!与信に注意!

少額のお金を借りる時に最も身近なのが消費者金融です。
駅近くなどに無人契約機が設置され、手軽にお金を借りられるようになっています。
即日融資などにも対応していることから多くの人が利用しているのですが、この消費者金融から専業主婦がお金を借りるのは難しいと考えておく必要があります。
お金を借りるためには信与が重要なポイントとなります。
信与とは、金融機関にどれだけの信用を与えられるかということで、消費者金融は申込者本人に安定した収入があることが条件となっているため、収入のない専業主婦では、消費者金融にお金を貸してもらえるほどの信用を与えることができません。

 

1-2.無職の専業主婦がキャッシングを利用できるのは銀行系カードローン!

金融機関としても、お金を貸す以上は確実に返済できる人にお金を貸したいと思っています。
そのため、当然のことなのですが収入のない人にはお金を貸してくれません。
そうなると収入のない専業主婦はどこからもお金を借りられないのかと思ってしまいますが、そうではありません。
銀行では、配偶者貸付という制度があり、配偶者に安定した収入があるのなら、専業主婦が申し込んだとしても融資をしてくれます。
消費者金融では申込者本人に安定した収入があることが条件となり、専業主婦ではお金を借りられませんでしたが、銀行なら専業主婦でも利用することができます。

 

1-3.銀行系カードローンは配偶者貸付だから専業主婦も即日キャッシングが可能!

本当に収入のない専業主婦でも銀行はお金を貸してくれるのかと不安になってしまいますが、この専業主婦は意外に信用が高いと考えられます。
専業主婦というだけで、夫にそれなりの収入があると判断ができます。
夫の収入が少なければ、共働きで生活を支える必要があるのですが、専業主婦で生活ができているということは、それだけ夫に収入があるから生活できていると判断をすることができ、その信用で融資を受けることができます。
夫の信用で融資を受けるのなら夫が審査されたり、申込みをすれば夫に連絡があるのではないかと不安になってしまいますが、専業主婦でも利用できる銀行系カードローンでは、申込者本人だけの審査となりますし、用意する書類も本人確認書類だけといったところもあり、夫に内緒で即日キャッシングも可能となっています。

 

1-4.貸金業法に基づく総量規制対象外とは

専業主婦であることで、夫に安定した収入があることが判断できるのに、なぜ消費者金融はダメで、銀行は融資をしてくれるのでしょうか。
その理由に法律の違いがあります。
消費者金融のような貸金業者には、総量規制という法律があります。
この総量規制は、申込者の年収の3分の1以上の融資をしてはいけないという法律で、この法律があることで年収そのものがない専業主婦では融資の対象外となってしまいます。
しかし、この法律は貸金業者が対象であり、銀行は貸金業者ではないためこの総量規制の対象外となり、収入のない専業主婦でも融資ができることになります。

2.専業主婦が借入可能な銀行系カードローン

専業主婦がお金を借りるためには銀行を利用する必要があります。
しかし、銀行だからといってどこの銀行でも専業主婦に融資をしているというわけではありません。
そのため、専業主婦が銀行系カードローンを利用する場合には、まず専業主婦でも融資をしている銀行を探す必要があります。
専業主婦が利用できる代表的な銀行としては、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、東京スター銀行、イオン銀行、じぶん銀行などがあり、意外に多くの銀行を利用できることがわかっていただけるのではないでしょうか。
店舗が近くにないという人でもインターネットや電話などでも申し込みが可能です。

 

2-1.専業主婦の利用限度額

各銀行の融資可能額などを見ると、数百万円と明記されていることから、カードローンといっても多くのお金を借りられるという印象を持つ人もいるのではないでしょうか。
数百万円も利用できるローンカードを持っていれば、様々なトラブルに対応することができ、もしものために用意しておきたいものです。
しかし、専業主婦の場合には利用限度額が違います。
融資可能額が30〜800万円と明記されていたとしても、専業主婦の場合には、ほとんどの銀行があらかじめ30万円、50万円までと決められています。
そのため、それ以上の借入はできないと考えておく必要があります。

3.パートやアルバイトで収入がある主婦が借入可能なキャッシング業者

収入のない専業主婦の場合には、銀行を利用してお金を借りる必要がありました。
では、パートやアルバイトで収入がある主婦のケースではどうでしょうか?
自分に収入があるといっても、パートやアルバイトではとても高い収入を得ているとはいえないため、どうしても審査に通らないのではないかと不安になってしまいます。
しかし、収入があるということはお金を借りるうえで大きなメリットです。
パートやアルバイトをしている主婦の人なら、専業主婦が利用できる銀行をはじめ、他の銀行、アコムやプロミスといった大手消費者金融など、基本的にはどこの金融会社でも利用することが可能です。

 

3-1.安定した収入があれば総量規制に基づく消費者金融を利用できる

どこの金融会社でも、審査で大きなポイントとなるのが安定した収入があるかどうかです。
これは、総量規制がある消費者金融でも同じです。
金融会社は、貸したお金を確実に返してくれると判断できる人なら、喜んでお金を貸してくれます。
そのため、パートやアルバイトで得る収入が少なくても、その収入で返済できると判断できるお金を融資してくれます。
しかし、ここで忘れてはいけないのが安定したという点です。
ただ収入があるだけでは審査に通らないこともあります。
勤続年数が1ヶ月程度では安定した収入と判断されないことがあり、最低でも6ヶ月程度は勤務してからの申し込みをオススメします。

 

3-2.利用のしやすさと審査の早さで話題のプロミス

パートやアルバイトで安定した収入がある人にオススメしたい金融会社の一つがプロミスです。
プロミスは全国に無人契約機が設置されて、その無人契約機で申し込みをすればその場でカード受取ができ、そのカードですぐにお金を借りることが可能です。
また、無人契約機だけでなくインターネットでの申し込みも可能で、利用のしやすい貸金業者です。
審査回答は最短30分で、その審査の早さから話題となっている消費者金融です。
プロミスでは初回限定ですが30日間の無利息サービスもあり、この期間内に返済をすれば、利息を支払うことなくお金を借りることができます。

 

3-3.カードローンやキャッシングを利用した主婦の口コミ体験談

パート主婦で、プロミスを利用して30万円借りることができたといった声を見ることができました。
色々と出費がかさなり、まとまったお金が必要になったことで、インターネットを利用してプロミスに申し込みをしたそうです。
入力をするとすぐに電話がありいろいろ質問を受け、2時間後に審査に通ったという連絡があったそうです。
この人は申し込みの時に10万円を希望額として入力したようですが、審査に通ると30万円の限度枠になっていたそうです。
このように、プロミスではお金に困った主婦の大きな助けとなってくれます。
仕事をしている主婦でも、収入のない専業主婦でも融資してくれる金融会社はあるので、お金に困ったときには気軽に利用してみてはいかがでしょうか。